見学系 神奈川

「女子高生見学クラブ」レポート3

更新日:

「女子高生見学クラブ」で検索してくる方が多いので、イヤイヤながら(嘘)再訪。関内に移ってからは初である。熟女の濃厚な回春エステも好きだが、JK制服パンチラも好きなんである。僕の中では矛盾はない。

ちなみに、JK制服パンチラ+濃厚回春エステがあれば最高だと考えており、割と理想に近そうな「横浜リラックス」という店もあるのだが、なぜかあの店はあまり好きではない。二兎を追うものは一兎をも得ずという印象。

1時間3000円

関内駅から徒歩5分ぐらいで目的のオンボロビルに着く。今にも停止しそうなエレベーターで6階へ。まだ明るい時間なのに薄暗い廊下を歩き、目的の扉へ。開けづらい印象の扉を前に本当にここでいいのかどうか躊躇していると、扉の向こうからJK達の笑い声が聞こえてくる。

開けると暗くて狭い受付。ただいま1時間待ちですと言われ、番号と戻り時刻の書かれた紙を渡される。伊勢佐木町をブラブラしてから、戻って部屋に入る。横浜時代に比べると広い個室になっていた。これならなんとか足も伸ばせる。ただ横浜時代の8部屋から5部屋になったようだ。それで混んでいるのだな。

JKルームの方は横浜時代より狭いかな。僕が見ていた1時間では、8~14人ほど居た。床に座っている子、寝ている子などがいる。3度目だが、やはり10人以上の制服JKというのはそれだけで圧巻。

この店は入店して最初の10分ぐらいが一番興奮する気がする。「今日はどんな子がいるのかな」「あの子はどんなパンツかな」などと最初の段階でいろいろと気になるポイントがあって、それがある程度解消されると、だいぶ落ち着いてくる。基本的にJK達は座って話しているだけなので、なんでもない時はエロいこともなく、たんたんと時が過ぎる。時々、女の子たちが動くとハプニング的なことが起きるので目は離せない。

パンチラ以外で楽しいのはJK達の会話を聞けるところか。ここの子達は偏差値はかなり低そうな感じだが、社会性のレベルは通常のJKより高いかもしれない。おそらくマジックミラーの奥に潜むスケベ野郎達に聞かれていることを意識して話している。会話を聞いていると、バカだなぁ、と苦笑してしまったり、会話にツッコミを入れたくなることが何度かあった。

そんで思ったのだけど、個室から見るマジックミラーはテレビあるいはPCのモニターのような感じなのだ。こちらは暗く狭くイカ臭く、モニターの向こうは明るく輝きみずみずしい。明るい部屋はテレビのバラエティ番組のような感じ。そこで芸能人達がにこやかにトークし、ある時は、制服のスカートをひるがえしながら、歌い、踊る。

残念なのは可愛い子がさほどいないので、芸能人とは言ってもアイドルではなく、女芸人という感じ。ま、女芸人にも可愛い子いるしな。

-見学系, 神奈川
-, ,

Copyright© 生殺し体験レポート , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.