派遣型リフレ 秋葉原

秋葉原制服オーディション1回目

更新日:

池袋制服オーディションが早くも2店舗目となる秋葉原制服オーディションを出店したというので生暖かく見守っていた。

池袋制服オーディションは無店舗型というリフレ店ではなかなか珍しい形態で、その内容もなかなかにアグレッシブだったのでずっと注目していたが、ちょっと遠かったんだよね、これまでは。

なので秋葉原に新店舗が出来ると聞いて、さっそく突撃。しかも! 新規オープン記念として、45分アロマコースが980円というトンデモ価格だったので驚いた。先着5名と書いてある! 急がねば!と仕事中にスマホから電話。

電話すると、もう受付人数達したんですが特別にOKですよと言うのでホッとしたが、実はそこまで予約パンパンではなかった様子。まぁ、そんなことはどうでもいい。

指定された秋葉原のレンタルルームにIN。60分2000円コースで入店してお待ちください、と言われたのだが、念のため90分2500円で部屋を取った。

実はあまりレンタルルームに入ったことがなかったのだが、昔のヘルスみたいな部屋だ。ベッドがあって、そのすぐ横にシャワールーム。シンプルながら必要最低限のものは全て揃っていて、風俗店よりも清潔感はある。

なんとなく最初にシャワーを浴びていようかと思ったが、10分ほどで女の子が行きますというのであまりドタバタしてもあれなんで、靴下だけ脱いで待機。

ドアを叩く音で迎え入れると、嬢はピチピチの18歳。今風の私服でやってきた。ニコヤカに挨拶を交わし、しばし談笑。まずはホントに980円でいいの?と聞く。大事なところだ。

嬢はもちろんですよ、というで1000円札を渡すと律儀に20円のお釣りをくれるではないか。もちろん、20円はいらないよ!と大人の余裕をみせつけるw

アロマコースというので、どんな感じなのかと思ったら、まずはシャワーを浴びてくださいと言われる。

この狭い部屋でシャワーをあびるためには嬢の目の前で服を脱がないといけないのだが、そうゆうもんだということで、テキパキと全裸になりさっさとシャワーを浴びる。微妙に財布やカバンが気になったが、さすがにこの距離なら大丈夫だろうと・・・。アジアンエステ系だったら、絶対にシャワールームにカバンまるごと持ち込むけどね。

嬢が持ってきたフルバックの紙パンツを履いてシャワールームを出る。

嬢はいつの間にか私服から制服に着替えている。なるほど、さすがに制服が似合う。

最初はうつぶせかと思いきや、仰向けスタート。なかなか良いではないか! 嬢は私の両足の間に座り、脚や脚の付け根、お腹あたりにアロマオイルをスリスリ塗りこむ。

なかなか気持ちいい。ニコヤカにいろんな話をしながら、スリスリしてもらう。これだけでも十分楽しい! しかもこの楽しさで980円! 最高だ。

しかし、おそらくはオプションを付けなかった場合、嬢の手取りはほとんどないのではないだろうか。あまりJKビジネスの経験がない子らしく、そこまで気にしていなかったようだが、このままでは男がすたる。

オプションの追加だ! 例によってオススメのオプションなどを聞くが、あまり経験がないためにオススメをはっきり言ってこない。しかたないので、適当にこちらの好みのオプションをセットにして提案する。

OKをもらったので、あれこれ楽しんで・・・結局、誤爆。誤爆です誤爆。

いわゆる学園系リフレ店で爆発したことはなかったので、人生で初めての経験となる。けど、たぶんこれがこの店の通常のサービスなんだと思う。すさまじいね、新時代を感じるわw

45分980円のサービスは衝撃的な良心サービスだが、さすがにこれはもうやらないだろうな・・・あるとしたらまた別店舗をオープンする時。

現在の通常料金は60分コースで8980円。これはレンタルルーム代込みなので、実質6980円(約7000円)。これに5000円のオプションをつけると若干高い気がするし、デリヘルの方がお得になるわけだが、そこはあくまでも好みの問題だろう。

他のブログで某氏があんぷり亭と比較していたが、まったく同感。

なんというか・・・この業界どうなっていくのやら・・・。

秋葉原制服オーディション


安心安全な輸入代行業者オオサカ堂
バイアグラを始め、育毛、性器増大などいい薬が格安です。
私も利用しています。

-派遣型リフレ, 秋葉原
-

Copyright© 生殺し体験レポート , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.