派遣型リフレ 秋葉原

秋葉原制服オーディション2回目

投稿日:2015年7月25日 更新日:

実は再訪する店ってあまりない。だがしかし、秋葉原制服オーディションには再訪してしまった。なんという威力!

秋葉原に行ってまずは予約の電話。予約時に指名を聞かれたがおまかせに。

この時サイトを見て3人出勤していることがわかっていた。そのうち2人はどっちでもOKって感じで、1人だけちょっと地雷っぽい雰囲気だった。こんな時この地雷の子だけは除外っていう指名方法があればなぁ、と以前から思っていたが、そうゆう指名方法はないものかね。1人NG指定で500円とか。例えば以前入った子がいまいちでどうしてもその子だけは除外したいなんて時もあるわけで・・・。嬢はとっても嫌がるでしょうが、そこは店長がうまく情報コントロールしてさ。

時間に間に合うように例のレンタルルームへIN。今回は混んでいて入口は軽く渋滞していた。60分コースで遊ぶ予定だったので、90分間コースで部屋を取る。2500円なり。このレンタルルームではどのお店の予約ですか?と聞かれるんだが、レンタルルームってそれが普通? なんかお店の名前言うのが恥ずかしいんだが・・・。

部屋に入ったらまずはお店に電話して部屋番号を伝える。そして、シャワー。前回の経験で最初にシャワーを浴びておけば時間を有効活用できるかと思って・・・せこい。

しっかりあちこち洗って汗を流して、なんとか地雷の子以外が来ますように・・・と祈りながら腰にバスタオルを巻いて嬢を待つ。

そして、ピンポンの音。ドキドキしながらドアを開けるともっとも狙っていたあの子が笑顔で立っていた。可愛い! 現役JKのような夏っぽく涼しげな私服がいい。

まずはベッドに並んで座ってコースの料金を払う。60分アロマコースで8980円と思っていたら、嬢が「メールマガジン取ってますか?」と聞くではないか。もちろん取っているので取ってますと答えるとでは「2000円引きです」というお言葉。これは嬉しい!

6980円となり1万円札を払うと3020円をお釣りとして払ってくれる。この20円をきちんと払うところが律儀だなぁと思う(笑) あと、メルマガを取っているかどうかのきちんとした確認がなかったんだけど、いいのかな? 取ってます、と言うだけだったら誰でもできるんだけど(笑)

いよいよプレイ。こちらはすっかり準備万端だが、嬢は私服なので制服に着替えるようだ。もちろんシャワールームで着替えるかと思っていたら、なんといきなりその場で私服を脱ぎだした! しかし、うまいこと下着が見えないように制服になる。なるほど・・・さすが女子力高いな・・・と思ってチラ見していたら、途中から面倒になったのかパンツ丸出しでスカートを着替え出した(笑)

なかなかのオシャレ下着のようでこちらのテンションもアップ。

さっそくベッドに仰向けになり、アロマ・エステという名の適当なオイルをスリスリ塗られつつトーク。なんでもまだ新人さんだそうで、あまり経験がないらしい。

どことなくやる気がなさそうだが、男のツボはわかっているようで楽しく10分ほどを過ごす。ここらでオプションでも付けるかとオプションについての話をして、じゃそれでという話がまとまり、セカンドステージへ・・・。

例のごとくいろいろセットにして5000円でいかが?と提案すると「裏オプですね!」と言うではないか。いやいや、裏オプではなく、そのオプション表に書いてあることの組み合わせだよ、と思うが、彼女がそう言うならそうなんだろう。

ここで想像だが、正規のオプションとするとお店に何パーセントかバックしないといけない、だが、裏オプということにすると、その代金は嬢のふところに全部入るんではないのだろか。あくまでも想像だが、そうだとするとなんでもかんでも裏オプということにしたほうが嬢に取っては実入りがいいからやる気がでるかな・・・と。

そんでアレコレ楽しんだが、結局我がトマホークには触れてくれず、最終的には自家発(汗) まさか自家発とは思わなかったが、アレコレがまぁまぁ楽しめたので良しとしよう。

ルーム代2500円+60分コース6980円+裏オプ代5000円=1万4480円。うーん。。。微妙だ。。。微妙だが、内容的には満足できるし。。。

あと気になっているのはアキバのぱふぉろまと制服オーディションをパクった?シーキュート。

けど、こうなるともはやリフレではない店との比較になるし、一体俺は何を求めているのかという思いもあって・・・。


↑制服オーディショングループで働きたいならここに詳しい体験談が載ってます。

-派遣型リフレ, 秋葉原
-

執筆者:

関連記事

秋葉原スクもみ学園 体験レポート

スク水のことを「すくすい」と呼ぶ人もいるらしい。スクール水着の短縮形なのだから、どう考えても「すくみず」だろうと思うのだが、思い込みだけで生きていてはいけないのだ。 というわけでスクもみ学園に行ってき …

no image

秋葉原「南国無双」

秋葉原の老舗リフレ南国無双 30分全身リフレコース3500円。受付のお姉さん綺麗だな、と思ったらこの子がそのまま担当。 うつぶせになって背中に乗られ、いろいろと押される。上手い。どうやらベテランらしい …

no image

秋葉原「ペティコート」レポート

2011年2月上旬訪問 秋葉原のおでん缶の自動販売機で有名なビルに入っているリフレ店。明るくていい感じ。オーソドックスなメイド服でのリフレ。 ついた子は10代後半の可愛いくておとなしい子。淡々とリフレ …

no image

秋葉原「憩 秋葉原城」レポート

2011年2月上旬訪問 予約なしで行ったらいきなり1時間半待ち。なんだなんだオレの知らない裏メニューでもあって密かに大ブレイク中か!と興奮した。 1時間半待ってから行くと20代後半のメイドさんが担当。 …

no image

秋葉原「ダイヤの原石」レポート

2011年4月下旬訪問 仮オープン時での訪問であることをお断りしておく。ゆえにグダグダであり、批判的なことをいっぱい書くが、おそらくそれは数週間以内に解消されるはずである。 コンセプトは面白い。この店 …