雑記

店舗型性風俗店は新規開業できないのに裏オプ有りのリフレはOKなの?

更新日:

aisekiya
制服相席屋が摘発されたが、その容疑が風営法違反であることにちょっと驚いた。ガサ入れ情報が流れてきた時に、どうせ18歳未満使ってたから、労働基準法違反とか青少年なんとかだろうと思っていたのだが、裏切られた。

おそらく、風営法の届け出を出していないのに、風俗店を営んだことが容疑なのだろう。つまり、ガサ入れして調べた結果、制服相席屋の女の子が実は全員18歳以上だったとしてもアウトだったわけだ。

これは裏オプ全開の店舗型リフレ店にとってはガクブル案件なんじゃないか?

そもそも、現在東京では新規で店舗型の風俗店を開業することはできないはずだ。今現在ある風俗店をそのまま権利ごと購入するしか店舗型のオーナーになることはできない。無店舗型、つまりデリヘルならば新規開業は可能。

日本国としてあまりあちこちにエロい店舗があるのは好ましくないという判断なのか、これ以上店舗型の風俗店は増やさない方針のようだ。地方はOKなのかな・・・調べたがよくわからない。

ヘルスなら数千万円、ソープなら億単位で権利売買されているような現状なのに、表向きリフレ店を装えば、内情は風俗店と変わらぬサービスを売れるというようなことを、警察や性風俗店経営者が見逃すだろうか?

その辺りからも今回のガサ入れ事情が見えてくる気がする。

おそらく、派遣型リフレ店の大部分は風営法の届け出を出しているけど、あえてそれを表に出さないで「うちは健全なりフレですよ~」という顔をしているんじゃないかと。だから、裏オプでエロいことがあったとしても、警察には堂々と「うちは性風俗店ですから」と言える。

さて、今後リフレ業界はどうなるのかな・・・。健全一本槍のお店なら行かないけどねw

-雑記

Copyright© 生殺し体験レポート , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.