体験レポート 店舗型メンズエステ 渋谷・恵比寿・五反田

恵比寿 ジュリエッタ 体験レポート2

投稿日:2018年3月5日 更新日:

※2016年の恵比寿ジュリエッタ有料記事を購入した方は無料で読めます!(今回の記事を買わないでください)
※当レポートを購入すると2016年のジュリエッタ有料記事も読めます!
(詳細は当記事最後に記しました)


階段の昇り降りがあるメンズエステが好きだ。「えぇ~面倒じゃね?」とか「そうゆうマッサージ技術以外を重視する糞客は死ね」とか「施術中にパンツとかいくらでも見れるっしょ」と思うセラピストは改心して欲しい。

スカートを履いた女性の後ろから階段を昇るという行為は、日常生活では非紳士的とみなされるため、極力避けなくてはならない。

そんなジェントルマンを演じるのことに疲れたオッサン達が癒しを求めてメンズエステに行くわけなので、日頃の鬱憤を晴らす勢いで非紳士的な行為をしてみたいのだ。

当然、メンズエステではミニスカートのセラピストの後ろから、階段の踏み板に手を付いてハイハイするぐらいのド変態行為をしながら昇りたい。

というわけで恵比寿ジュリエッタへ。
http://www.giulietta-tokyo.com/

最近は必ず指名して行っていたが、この日は階段をハイハイすることに脳内が占拠されていたので、指名せずフリーで。

例の一軒家のドアを開けた瞬間に例のコスチュームを着た10代美少女が迎え入れてくれた。

ここは玄関で靴を脱ぐとすぐ目の前に階段がある。

さてと、ご案内されるか、とハイハイの姿勢を取ろうと思ったらなんと先に昇らせるじゃないか!

こんな時、セラピストに「先に昇って」って絶対言えないんだよねぇ~。それを求めてこの店来てるのに、カッコつけちゃうんだよねぇ~。

仕方なく紳士的に背筋をピンと伸ばして階段を昇り、温かい部屋のソファーに座る。

お金を渡してまずはシャワー。階段を降りてシャワーを浴び、標準T紙パンツとどでかいトランクスからTをチョイスし、シャワールームの扉を開けると嬢はさあこちらへ、と先に階段を昇っていく。

こんなところでまさかの2回目ルール。やはり最初に背筋を伸ばして昇ったのが良かったのかもしれない。

ハイハイしながら階段を昇りライトブルーテカテカのパンツとプリプリのお尻をがっつり視認したところで個室へ入った。

もう充分目的は達成したので今回は10代美少女と楽しくトークをしながら胸チラを楽しめればそれでOKという気分なんである。

ジュリエッタでは48手の鼠径部攻撃とかくんずほぐれつの密着技とか期待しちゃいかんことを知っているので、逆にガツガツせずにまったりトークしながら静かにうつ伏せ。
しかし、この後起こった予想外の展開にジジイ生殺される。

[有料記事のまとめ]
フリーでついた(A)ちゃんは入店時の講習で「こんな(B)なんてできません」と言って辞めるつもりだったらしいが、(C)経験し、今では自己流の荒削りな(B)。最後の最後に胸元から美しい(D)を見せてくれてジジイ大興奮。

※2018年3月某日に訪問した時の体験記です。
※当レポートはあくまでも個人の感想です。

※2016年の恵比寿ジュリエッタ有料記事を購入した方は無料で読めます!
※当レポートを購入すると2016年のジュリエッタ有料記事も読めます!
2016年恵比寿ジュリエッタ無料記事
2016年恵比寿ジュリエッタ有料記事(前回と今回同じパスワードで中に入れます!)
2016年恵比寿ジュリエッタ有料記事(FC2は前回記事の上に今回記事を書いてます!)

[以下、有料記事は680円です。全て同じ内容です]
BOOTHでパスワードを購入すると続きの有料記事が読めます。

-体験レポート, 店舗型メンズエステ, 渋谷・恵比寿・五反田
-

Copyright© 生殺し体験レポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.