雑記

メンエスブログの明日はどっちだ

2019年の初頭、とあるメンエスファンからDMをいただいた。

内容をざっくり説明すると「生殺しさんのメンエスアンテナの影響力は半端ないから、抜いたとかハメたとかそーゆー過激な内容のブログはアンテナから外した方がいいのではないでしょうか。業界的に」というものだ。

上から目線で命じる、という感じではなく、誠意ある長文のアドバイスであった。

私の返事は「ウチが辞めても絶対に他がやるので辞めたくない。それより、個人のメンエス体験談がこんなに売れるってすごいことじゃない? ワクワクするよ!」というものだ。

先方さんは「予想通り、辞めないと思ってました」と不承不承だったわけだが、だってさ、すごくない?

素人のメンズエステ体験談だよ?

鼠径部がキワッキワで気持ちいいいいいいいいい! お願いしたら手コキしてくれましたあ!!!! いっぱいセーシ出たあああ! って書いてあるだけだよ?(笑)

で、2000円払って記事を買うと店名とセラピスト名が1行だけ書いてある。こんな嘘か真かすらわからないクソ記事が結構売れるわけ・・・たぶん、今年の夏ぐらいまではそんな感じだったと思われる。

単発のクソ記事は売れない

ただ、こんなバブルは長く続かないだろうな、と思っていたが、やっぱり最近はもうよっぽどのネタでないとそんなに売れない感じ(個人の感想です)。

おそらく読み手も成長したんだと思う。

真贋不明の単発ネタを購入するより、同じ価格なら多数の情報を得たいと。

というわけで最近のトレンドはセット売り。それまでの記事を何本かまとめてサービス価格で売り出す商法。

イマイチな記事も抱き合わせて、かさ増ししてお買い得感を演出する手法もあり。

2020年は複数記事、複数ネタの格安販売って流行ると思う。

情報源は一人より複数人

あとは、超メンエスヒーローさんに代表される複数人のライターが書くブログ。一人だけで運営していると好みや視点が偏るし、更新が止まることもあるが、複数人いればそこはクリアできる。これからも増えていく気がする。

それと、キワキワ男爵さんに代表される複数人から情報を集めてそれを売るブログ。

ナイスな情報を届けてくれる凄腕メンバーをどのように集めるか。集まった情報に嘘や盛りはないか? その凄腕メンバー達へどのようなインセンティブを与え、活動を維持していくモチベーションをどう保ってもらうのか。中々に大変な作業だ。主催者の力量が問われる。

最後に実はあまり紹介したくないのだが、ついにメンエスにもイクメモ的なやつが出てきた。

サイト名にセンスを感じないという難点はあるが、サイトの出来がいいので着々と情報が集まっている。2年ぐらい前から存在していたようだが、情報が増えてきたのでメンエス体験談プラットフォームとして定着する気配を見せている。このまま成長すると、もう有料無料のメンエス体験ブログの威力は半減するかもしれないと思われる。2020年じっくりと注視していきたいサイトである。

取材なのか、趣味なのか

無料ブログについても語っておきたい。


メンズビズのネクさんが「無料ブログは提灯ブログなのか」について語っている。絵面がほとんど動かず動画である必要性を一切感じない斬新な動画コンテンツなわけだが、YouTubeの可能性を探っている段階なんだと思うし、そうやっていろいろなことにチャレンジすることに意義を感じる。さすがである。ぜひとも今後はもっと動いてほしい。

内容をここで起こすのははご法度なんだろうけど、簡単にまとめるとメンズビズの取材だとお店の人が人気セラピストを用意してくれるので、必然的にいいことを書くことになる、というものだ。

そりゃそうだろう。取材ということが事前にわかっていたら、お店も実力のあるセラピストを用意するだろうし、セラピストだって、施術が記事になるとわかっていたら、いつもより頑張っちゃうだろうし。

これだと、読者はあんまり参考にならないのかなぁ、と思わけ。もちろん人気セラピストだからがっかりするようなことはないと思うのだが、メンズビズに書かれているような悶絶施術で大号泣! なんて感動はない気がするんだよねぇ・・・同じ子に入った実感として。

けど、動画でいいことも知った。メンズビズの体験記事の最後に付け加えのように出てくる点数があるんだけど、あそこはかなり本心で点付けしているらしい。だから、内容だけでなく、あの点数をよーく見て選べば間違いがないようだ。

というか、別にメンズビズを批判したいのではなくて、紙パン通信とか色街ダイアリーとかも同じ穴の狢だし、エステ大佐とか不死鳥のメンズエステとかメンエスだらけとか、最初は普通のメンエスファンの個人ブログだったのに、いつの間にかバナーいっぱい、PR記事いっぱいになっていて、一体全体何が起こっているのか、と思うわけ。

ただ、無料ブログであっても全ての体験記事が取材ではないはず。

自腹を切って、気になるセラピストと遊んでそれを記事化することだって多いと思う。

それならば、取材記事なのか、そうでない自腹の記事なのかを明記してほしい。

先日、PR記事のタイトルに「PR」という字を入れるか入れないか問題というのが再燃したが、そろそろメンエス記事でもその手のわかりやすい表記が必要なんじゃないか?

メンエスのようなグレーな遊び場で、こんなホワイトなルールを作る必要があるのかどうか正直言って、微妙だとは思う。

微妙だけど、グレー業界のグレー体験談だからこそ、しっかりとしておくのって良くない? ステマがはびこる某業界よりもしっかりPRとそうでないものを区別できたら一目置かれるんじゃないかなぁ、と思うわけ。

タイトルじゃなくても文末でもいいし、どっかに「PR」って入ってればうれしいかな。

PRって付けられると効果が半減だなぁ、と思う店舗もあると思う。けど、PRって書いてあるのに辛口記事だったりすると、逆にお店の信頼度が上がったりするのではないかな。

ちなみに現時点でのPR記事かそうでないかの見分け方のコツは、自腹で行った記事ではセラピスト名を伏せる傾向にありますな、どのブログも。あと、抜きありのPR記事はないね(笑)

あと、エステ猿さんのような記事スタイルだと例えPR記事だとしてもセラピストはPR記事の取材だと知らないで施術するわけでリアリティは増すような気がする。このように取材のスタンスをサイト上に載せておくとわかりやすくていいんじゃないかな。

キモいジジイの体験記事は面白くないのである

実は私のような有料ブロガーにも体験談依頼が結構来る。今年1年間でも10店舗以上から声が掛かった。中には有料記事で取り上げてほしい、と言ってきた店もある。社会は複雑なんである。

けど、原則として体験談依頼は全部断ってきた。

それになんといっても施術代無料にしてもらったら2万円ぐらい浮くことになるが、有料記事にすると私の場合、平均して2万円以上の儲けになるのだ。

すごいでしょ~これが今年の夏ぐらいまでの私のリアル。

ちなみに私は有料ブロガーとしては売れてない方なので、売れている方はもっと凄いはず。

だけど、夏ごろから急速に売れなくなってきて、今や1記事10本も売れない。

↑FC2マガブロ売上げランキング。FC2管理ページよりブログ→ツール→アフィリエイト→マガブロの検索→アダルトジャンルを表示する→検索ボタンクリック!

やっぱり読者は無料ブログには書いてないリアルな体験談をお金を払ってでも知りたい。

福士蒼汰レベルのイケメンでケンドーコバヤシクラスの面白トークが出来る体験記事ブロガーだと、ハードル高めの美人セラピストでもかなりの寛容度となり、どエロ体験確率は大幅アップ。記事もウハウハな内容となり「超絶美女セラピストのGカップピンク乳首をペロペロしながら生中出し」というタイトルになり、思わず購入してしまう充実度になる。

今年の夏以降の有料ブログは、文章力とか、SEO対策能力とか、デザイン能力ではない新たなフェーズでの戦いになってきた気がするのである。

女の扱い方に慣れていないキモいジジイにはさほど面白いことが起きないので、記事の充実度がイケメンブロガーに敵わない。

そして、複数ライターブログ、複数情報源ブログの台頭。

孤立無援のぼっちジジイ、完全敗北宣言である。

遊びなれた人にメンエスで楽しく遊んでもらい、後で内容を語ってもらってそれを私が文章に起こすことも考えたことがあるが、それで私は何か楽しいのだろうか、と思うと実行に移せないんだよねぇ。

2020年は無料記事で頑張ってみようと考えている(時々有料記事も書くが)。基本に立ち返って、無口のキモいジジイが寝っ転がってるだけでも、メンズエステはこんなにも楽しいんだよ! というのを2020年は伝えていければいいかな、と思っている。

PR記事も頑張ります! 今まではお断りして申し訳ありませんでした。ご依頼ウェルカム! 「PR」ってタイトルに入れて思う存分提灯記事を書きます!(笑)

求められる圧倒的な個の力

↑メンエスメディアの広告料金などがわかるサイト。店舗さんもわかってると思うけど、弱小の情報サイトに広告代払うより、個人のブロガーに体験談書いてもらった方が圧倒的に集客出来る気がしている。

今回の記事、お金の話ばっかじゃねーかよ! という声が聞こえてきそうだが、そうなんである。影響力のあるブロガーはマネタイズも上手なんである。

2年以上、アンテナを運営してきてわかったことがある。広告バナーもなければ、PR取材記事もない、メンエスが好き、という情熱だけで運営している無料ブログは更新が止まる、という事実。

情熱ブログはどうして更新が止まり、PR記事ブログはどうして更新頻度が高まるのか、考えると色々と思うこともあるのだが、長くなるのでいずれどこかで。

ちなみにうちのマネタイズは変わっていて、アンテナページに掲載するのに有料ブログの場合は、初回だけ登録費をいただいている。あと、上段と中段のスペースも有料ブログから広告費をいただいているのである。

そうそう、だから冒頭であった「どエロいブログをアンテナから削除してほしい」という依頼には応えられないんだよねぇ・・・(汗)

2020年も新たなメンエスブログがたくさん生まれてほしいな、と思う。

複数情報源の台頭とか、プラットフォーマーが出現とか、書いてきたが、やっぱり最後は個の力よ。たった一人の圧倒的才能があれば全部ひっくり返せると思っている。

ブログじゃなくてもいい、YouTubeで面白おかしく体験を語ってもいいだろう。もちろん紙パンツ姿の顔出しで語って欲しい。

そして、2020年はこの作り込んだアンテナのワードプレスプラグインを売ろうかな、と考えています。お楽しみに!

-雑記

Copyright© 生殺し体験アンテナ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.