体験レポート 店舗型メンズエステ 渋谷・恵比寿・五反田

五反田 おもてなしスパ 体験レポート

投稿日:2019年2月21日 更新日:

これほどオープンするのが待ち遠しいメンズエステ店がかつてあっただろうか。というか、そもそもメンズエステ店ってのは気がついた時はオープンしていて、知らぬ間に人気店になっていたり、潰れていたりするもんだと思っていた。

3月1日にオープンする「おもてなしスパ」はそうではなかった。

昨年の11月20日にTwitterを開設し、その時点で3月にオープンすると宣言。これを見たとき、「ちょっと早すぎるだろ」と思ったのだが、その後が素晴らしかった。

定期的に開店までの準備を定期的にお知らせし、こっちの期待感を煽ってくれる。

これまでメンエスファンがあれこれ言ってきたことを出来る限り実現しようとしているその姿勢がうれしい。

初期の頃からこちらのお店の店長とはDMでやり取りをしていたのだが、この店長さん自身がメンエスの大大大ファン。この店長はとある一般企業に勤める一会社員だったのだが、メンエスが好き過ぎて、どうしてもメンズエステ店をやりたい、という熱意を社長にぶつけ、新規事業としてこの店を作り始めたらしい。

面白いねぇ~、普通は会社を辞めて自らオーナーとなってお店を始めるもんだけど、そうはせずに会社中を巻き込んで新規事業として始めるってのは。

ダメだったら母体企業のサラリーマンに戻ればいいや、的な保身もあるのかな、と邪智したのだが、実際にプレオープンに遊びに行ったらとんでもなかった。

五反田駅から徒歩3分ほどの豪華なエントランスのワンルームマンション。ドアを開けるとモコモコしたジェラートピケの部屋着を来た美少女が無邪気な笑顔でお出迎え。

今回担当してくれたのはなんと20歳のJDセラピスト、星空しのちゃん。

若さ大爆発のキャピキャピさと妖艶な身のこなしを併せ持った正統派美少女。

脱いだ靴を揃えてくれ、手をつないで施術部屋へ入る。

たった7,8歩だけど、嬉しい演出。

コートを脱ぐ手伝いをしてくて、脱いだコートをハンガーにかけてくれる。

ソファーに座ると、しのちゃんが隣に座ってきて恒例の注意事項を読み上げる。

「風俗的な行為やお触りは禁止です」と読み上げてくれるしのちゃんだが、すでにソファーが狭いのでしのちゃんとくっついてしまっているのだが、これはいいのだろうか・・・。

料金は上級のおもてなしコースだと100分で2万4000円。ちょっと高い気もするが、オープンまでにはどっかのメンエスサイト見たで2000円引きになったりするようだ。
(※2019年3月20日追記:いろいろとお安くなったようです)

それでも100分2万2000円・・・うーんと思ったが、コスチューム変更、ホイップ、ディープリンパなど他ではオプション代がそれぞれ2000円~4000円かかるところ全部コミコミなので今の相場だと逆に安いぐらいかもしれない。90分ではなく100分というところも色々考えた末の時間らしく、そこもちょっとお得感。

シャワールームへ行く前に全裸になって腰にタオルを巻くのが定番だが、お着替えの時も部屋から出ず、しっかりしのちゃんが脱いだ服をハンガーにかけたり、ズボンを畳んでおいてくれたり、お手伝いしてくれた。

最後の最後自前パンツを脱ぐ時はうまくタオルで隠して、こっちが恥ずかしくないような配慮もあった。

さて、シャワールームに入るとシンプルな時計が置いてあった。前からシャワールームに時計あるといいな、と思っていたので感動。

そして、シャワールームを出ると腰に巻いたタオルとは別の高級バスタオルが用意されていた。Twitterでもアピールしていた今治タオルだ。心地良い感触で身体を清めた。

その他いろいろとアメニティグッズが並んでいたが、そこらは後で使うとして取り急ぎ紙パンツ・・・ビニール袋を破って中から出てきたのは・・・ピンクのスライドタイプ。

履いて鏡でその姿を見た時に感じたのは・・・お、俺は変態だ! ド変態だぁ!

上品な今治タオルと下品なピンク紙パンツジジイが同居するド変態脱衣所。

テンションが上がったまま脱衣所のドアを開けるとそこにエロカワ天使がいた。

巨乳ではないが、胸の谷間全開の露出度に目が飛び出たが、それよりも後ろを向いた時に・・・衣装が割れていて・・・Tが・・・全開で・・・エプロンみたいなセクシーコスチュームにお着替えしていた。

ドキドキのままうつ伏せになると、マットが暖かい。ヒーターが入ったマットだ。

そして、うつ伏せになったちょっと右上にカップがおいてある。

なんだ、と思ったらしのちゃんが説明してくれた。

「冷たいお茶が入ってます。施術途中に飲みたくなったら飲んでください」と。

施術中に喉が乾くことはよくある。こんなサービスあればいいな、などと考えたこともなかったが、いざ目の前にいい感じのカップが置かれているとこれは素晴らしいと言わざるを得ない。

入店してからここまでに「メンエスあるある」ではないが、メンエスでの楽しいところ、ドキドキするところ、あったらいいな、考えもしなかったこと、がことごとく実現されていることに感動してしまった。間違いなくメンエスマニア店長が考えた最高の「おもてなし」が凝縮されているオペレーション。

そして、目の前の縦型大型ミラーには、美少女しのちゃんが大写しになっている。右を向けばセクシー衣装のしのちゃんと、ド変態ピンク紙パンツジジイが大写しになっていて肌色満載だ。

めっちゃ気分爆上げ状態で施術開始。

まずは指圧。最初のカウンセリングシートに書いた腰、脚、足裏を中心にグイグイやってくる。

なんでも本職の整体師を呼んでオープニングメンバーのセラピスト全員で指導を受けたらしい。

20歳JDとは思えぬ強烈な圧が痛気持ちいい。

しのちゃんはとても話しやすい子で、まだそれほどメンエス経験はないようだが、密度の濃いアレコレをトークしてくれた。

キモジジイの下品トークにもカラカラと明るく笑い、それだけでもう楽しくなってしまう。

おしゃべりしながら、みっちり指圧で身体がほぐれたところで、いよいよオイル・・・と思ったらこちらのお店はオイルを使わず特製のジェルを使うらしい。

このジェルが独自配分でブレンドしたやつらしくて、塗られている感触が気持ちいいのである。

施術自体はオイルを同じように、脚から塗り拡げていく。

当然、ぬくもりホールドで・・・じわじわと脚の下の方から上に上がり・・・鼠径部手前でちょっと動きが止まり・・・っと止まらずグイグイ入ってキター!

ちょっと動かしますね、と言って紙パンツをスライドさせ、Tバック状態になった私のお尻にもジェルを塗り塗りし、タマタマやアナアナをサワサワっとかすめていく。

ジェルの効果か、そのたびにこっちもビクッと身体が反応してしまうほどの興奮。

下腹部の盛り上がりでうつ伏せが痛くなったあたりで、ジェル終了。

ジェル終了? と思ったら今度はヌルヌルした液体を持ってきた。

え? ヤバイでしょ、それ使うのかよ(笑)

そして、カエル脚。

カエル脚ではしのちゃんが腕を上から下から入れ込んで鼠径部祭り。

粘度の高いヌルヌルした液体が紙パンツや鼠径部やチン毛にからみついてしのちゃんが動くたびに紙パンツも動いてしまってさあ大変。

腕を差し込んだ後は脚を差し込んできてマーメイド。ぬちゃぬちゃになっている太ももがぴっとりとこちらの脚にからんでくる。

しのちゃんは自分のTwitterに「帰りたくなくなるくらいイチャイチャしましょ」と書いているだけあって、密着具合が半端ない。

もちろん密着しているだけでなく、太もももぬめぬめと動き回り、手や腕を使って鼠径部へのキワキワな攻撃も止むことはない。

いろいろと柔らかいものが常にあちこち当たっている状態で、ボーッとのぼせてきた。

左脚側はまだ耐えられた。右脚側になったら身体をうつ伏せからちょっと横向きに変えるもんだからキモジジイのぬちゃぬちゃなボディが巨大ミラーに大写しになった。

そのまましのちゃんが脚を絡めたまま鼠径部に腕を差し込んでくる。

妖艶な笑みをたたえたしのちゃんの身体もビチャビチャに濡れて白い衣装は透け透けになって肌に貼り付いているのもミラーに大写しになっている。

そして、ピンク紙パンツの前部分をスライドさせ、Tフロント状態になったジジイの鼠径部を責めてきた。

さっきまでのエロカワ天使がエロカワ悪魔に見える。

エロい! エロすぎる!

ピンク紙パンツも透け透けになってしまってキモい! キモすぎる!

ハァハァハァハァ

エロスとキモスの融合で盛り上がった頃、体勢チェンジのお声がけ。

「四つん這いになってください」

手慣れた体勢にささっと変えると、しのちゃんは両腕を紙パンツ通過で差し込んできた。

両腕をこちらのデコルテあたりまで伸ばした後、入れた時より幅を狭めて戻ってくる。

挟まれたTフロント紙パンツの中のアレが悲鳴をあげる。

ときおりCKB責めやANR責めも織り込みつつ、何度も何度も波の満ち引きを繰り返す。

ハァハァハァハァハァハァハァハァ

限界ギリギリになった頃、仰向けの指示。

息が上がってきたので一旦、頭上に用意されたお茶をごくりと飲む。

ふぅーっ・・・一息つけた。

素晴らしい! 頭上のお茶ありがたい!

仰向けになると、透け透け衣装のしのちゃんが失礼しますと言っていきなり私の胸に後ろ向きで座ってきた。

ドカーンという爆発音が鳴った気がした。

なんという見事な・・・美ヒップとはまさにこのことかと思うほどのテカテカと光ったまんまるのお尻が目と鼻の先に・・・。

その体勢のまままたしても鼠径部攻撃。

うねうねと動くお尻を見ながら・・・これは耐えられない・・・触りたい・・・揉んでみたい・・・ぺろんちょしたい・・・50男が試されるシチュエーションが延々と続いた・・・。

ハァハァハァハァ・・・お茶が飲みたい・・・仰向けで上に女性が乗っているのでお茶は飲めない。

店長! ここは超ロングストローの導入を!

しのちゃんに聞いたところ、この店では前半戦はどのセラピストも同じ施術をするようにしているらしいが最後の20分~30分は各セラピスト独自の施術を行うようになっているらしい。

私も後半戦は楽しくトークしながら、しのちゃん得意の密着施術やホイップ施術を大いに楽しんだのだが、今回は二人だけの秘密にしておこう。

ひとつだけ私のピークを暴露すると、しのちゃんの顔が私の超近くに来るシーンがあって、その時はヤバかった・・・というか、幸せシャワーが降り注いで来た気がした。

終了の合図でシャワールームへ行き、時計を見ながら身体についたあれこれはささっと洗い流して新しい今治タオルで身体を拭いてドアを開けるとそこには別のプリティな部屋着に着替えたしのちゃんが。

ソファに座ると6種類のドリンクメニューを見せられた。コーラを選んでチョコレートもいただく。

狭いソファーの横にしのちゃんが座るもんだから、最後まで密着状態でLINEショップカードにポイントいれてもらう。

カードを入れると1ポイント、LINEで予約して1ポイント、遊ぶと1ポイントたまり、今日一日で3ポイントゲット!

5ポイントたまると指名料無料になるようだ。

「10ポイントたまるとしのちゃんとセックスできるんだよね」
「キャハハハ、やだやだ、できません!」
「できないのか・・・じゃあ10ポイントたまったらアナルにこのチョコレート入れてくれる?」
「キャハハハ、そんなの言ってくれればさっきの四つん這いの時、入れてあげたのに♪(笑)(笑)(笑)(笑)」

施術終了後も無茶苦茶楽しいのである。

しのちゃんのTwitterに書いてある「帰りたくなくなるくらいイチャイチャしましょ」は嘘ではなかった。

何から何までサイコーに楽しかった100分はこうして終わった。

「おもてなしスパ」・・・野暮ったい店名だと思ったが、もうこの店名以外考えられないほどおもてなしにあふれたメンズエステ店だった。

-体験レポート, 店舗型メンズエステ, 渋谷・恵比寿・五反田
-

Copyright© 生殺し体験レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.