男達の魂の叫び! メンズエステ体験談満載サイト

生殺し体験レポート

体験レポート 店舗型メンズエステ 銀座

大井町ナースクリニック 体験レポート

投稿日:

指定された階でエレベーターを降りると眼の前にはチャイエス風の店名が書かれた扉があった。「ナースクリニックではなく、○○というチャイエス風の店名が書かれた扉の呼び鈴を押してください」と事前に言われていたのでわかってはいたが、あぁ、日本人店を装う中華エステなんだ、と落ち込んでしまった。

これだけメンエス経験を積んだ俺がまだ騙されるのか・・・という思いと、なぜ日本人でないといけないのか、そこに差別意識があるのだとしたらなぜなのか、どうして俺は日本人メンエス店だけをまとめて生殺し体験レポートというサイトを作っているのか、アジアンエステのまとめ記事の方が需要があるのではないか、など様々な思いが駆け巡り、それについての考察を書きたくなったが、今日は書かない。

扉が開くとびっくりするほどの美少女が微笑んでいる。「どうぞ、こちらへ」という言葉に中華訛りはなかったが、それでもこの子が日本人である確証が持てない。

部屋に入るといかにもチャイエス風の狭い個室。ナースとか病院とかいうコンセプトは皆無であり、しいていえばセラピストが安っぽいナース服を着ていることぐらい。

あれこれ談笑しているとこの子が日本人であることがわかったが、なんというか、あれこれ聞きたいことが多すぎる。

なぜこんな名前のセラピストばかりなのか?という問いには「名前は京浜東北線の駅名にしないといけないって言われて、本当は実名にありそうな○○駅が良かったんですけど、私が入った時はもう取られていたので(A)駅にしました」と答えてくれた。

オーナーはどんな考えで京浜東北線の駅名にしようと思ったのかが知りたい。

さらにサイトに書かれている「当院は中国式エステを取り入れています」とはなんぞや?

よくわからないまま、料金を支払い、まずは洗体ということでセラピストは準備に出ていった。

全裸になり、バスタオルを腰に巻いたら、セラピストが戻ってきたので、洗体ルームへ移動。

そういえば、あれないんだけど・・・あぁこれが中国式か・・・と思いつつもタオルを外し、死体洗い場のような洗体ルームのベッドにうつ伏せになる。

汗でベタベタになる季節、美少女に洗われるのは最高の気分だ。

いろんなトークに花が咲き、ちょっぴり恥ずかしい仰向け。

泡泡でなでるように身体中を洗ってもらう。

そう、あそこは特にちょっと長めに洗ってもらえた気がする・・・こりゃ、個室に戻った後の展開に超期待だ!

[有料記事のまとめ]
指名したのは(A)ナース。四つん這いではセクシー施術のオンパレード。息子に(B)るわ、ちょっと(C)るわ、軽く(D)わで、我慢の限界。仰向けになるとまるで(E)のような施術で陥落寸前。耐えたところに添い寝で(F)! こりゃハマる!

※2019年6月某日に訪問した時の体験記です。
※当レポートはあくまでも個人の感想です。

[以下、有料記事は680円です。どちらも同じ内容です]
BOOTHでパスワードを購入すると続きの有料記事が読めます。

-体験レポート, 店舗型メンズエステ, 銀座

Copyright© 生殺し体験レポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.