上野・御徒町 ライター Ohkawa 体験レポート 店舗型メンズエステ

浅草橋 スイートホーム 体験レポート 妖艶雰囲気・大胆施術

私以外のライターさんにも書いていただくことになりました。

今回は「Ohkawa」さんです。

書いてみたい、という方がいらっしゃいましたらTwitterのDMでご連絡ください。高額ギャラあり。


はじめまして!三度の飯より、メンズエステが好きなOhkawaと言います!

簡単に自己紹介をすると、都内在住で特に秋葉原・神田エリア、日本橋・馬喰町周辺のお店によく遊びに行っています。このあたりは、最近お店の入れ替わりも激しいですが、かなり盛んなイメージがありますし、いいサービスを提供してるお店が多いのでおススメです。

では、今回紹介させていただくのは、浅草橋・スイートホーム・プラスさんです。浅草橋自体、それほどお店は多くないと思うのですが、コスパがよく、メンズエステのよさが詰まった施術を受けることができると思います。

[予約]
仕事が予定よりも少し早く終わり、ちょうど外出で秋葉原に来ていたこともあり、以前から気になっていた「スイートホーム・プラス」へ突撃することにしました。今日は、中でも一番気になっていたAさん(イニシャルではない)の出勤日。これは、行くしかない!ということですぐに予約の電話!

O 「もしもし!今からなんですが、空いてますか?」
店 「今すぐ案内できますよ~、希望のスタッフはいますか?」
O 「Aさんでお願いしたいのですが~・・・」
店 「生憎、Aの予定は埋まってまして、2時間後の案内になります」
2時間後!?もっと待つことを覚悟していたので、めちゃめちゃラッキーと思い、即座に予約をしました。

[対面時の印象]
時間になり、「いざゆかん!」ということで、わくわくしながら浅草橋駅から約5分ほど歩き、到着しました。少し年季の入ったアパートに到着し、チャイムを鳴らし期待とともに待っていると
「ガチャッ」
(...おお!!)
Aさんは、綺麗でスタイルの良いお姉さんという感じ♪ 年齢は、控えめに言っても30歳中盤くらいでしょうか。若さに期待をしていくと、少し期待外れになるかもしれませんので、注意が必要です(笑)

話し方はすごく明るく、快活な方で、よく笑う方だなという印象です。

今回は、90分・スタンダードプラン、総額13,000円。実はプランが、スタンダードコースとプレミアムコースがあるんですが、Aさんはスタンダードコースのみなんです。あれ、密着少なめなのかな?と邪推しましたが、施術を進めていく中でお話しますが、まったくの杞憂で終わりました。

先に、お支払いを済ませて、シャワーの準備をしていると
A「お手伝いしますね♪」
O 「あ・・・」
思わず声が出ました、意図せず息子がポロンと出てしまいました(笑)
中には、こういうのNGなところもあるので、いろんな思い巡らせてしまいました。

[施術の流れ(うつぶせ)]
期待を胸に、Aさんが来るのを待っていると
A「うつぶせから始めますので、うつぶせになってください」
O(・・・んん?!)
Aさんの声色も、初めとは違い、少し落ち着いた声色に。
部屋の電球が一気に暗くなり、雰囲気が妖艶な雰囲気にかわったような気がします。

A「足からマッサージしますね」
O 「はい、お願いします」
O 「(あっ・・・)
ワンタッチで、Aさんが人気の理由がわかった気がします。
ヒヤっとした手、か細い指を巧みに使い、なぞるようなファーストタッチ。
なんかね、エロいんです。
特別なことをしてるわけじゃないんですが。これまで多数のセラピストの施術を受けてきましたが、ゾクゾクっとする感覚。もしかするとNo.1かもしれません。

そんな不思議な、心地の良い緊張感の走る中、施術は進んでいきます。私の息子が元気いっぱいになっていることもあってなのか、非常に事故率が高いです(笑)。Aさんはすこし横を向いて、何も気にする素振りはありません。

O (ん・・・?なんか足の指先があったかい、やわらかい・・・?)
振り返ってみてみると、Aさんの大事な部分がおもいっきり足の指先に当たっている!? これ以上は言及しませんし、私からAさんへ仕掛けることもしませんが、すごく気持ちが高揚する体験でした。

そんなことを巡らせながら、あっという間に背中の施術が終わると、
A 「では、次4TBおねがいします」
O 「あっ、はい」
最小限の会話。雰囲気を壊すことなく、次の施術に移ってくれるAさんの気遣いに感動をしながら、4TB開始。
これまでとは打って変わって、大胆な手つきで、胸元も頸椎部も施術が続きます。

胸元をコリコリされたと思えば、頸椎部をマッサージされる。
頸椎部をマッサージされたと思えば、胸元に手が伸びる。
このコンビ技に何度、声が漏れてしまったか。何より事故発生率が非常に高いです。

O 「あっ、気持ちいい・・・」
改めて確信に変わりました。この人、わかってます。

そして、あおむけになります。あおむけ時は、より大胆に、オイルドバドバで、際どいエリアをマッサージしてくれます。もうすでに、紙パンツはまったく機能しておらず、息子は完全に顔を出している状態。
Afさんは相変わらず、表情を変えることなく、引き続き正面を向くことなく、キワキワを攻める施術。

O (あぁ・・・もうどうにでもなれ・・・)
O (あぁ・・・)
O (あっ・・・)

いろんな思考が一か所に集中してしまい、何も考えが廻らない状況になります。予約してでも入りたい理由が、とてもよくわかる時間となりました。

これにて施術は終了。シャワーを浴びて、帰り支度をして帰路につきました。

私はポリシーとして、施術は静観に徹し、特にタッチ等はしません(そもそも、しちゃいけないんですが)。ハプニングで、触れるようなことがあると、通常のセラピストですと微笑みながら「だめですよ」と手をそらされるんですが、Aさんの場合、特になにも言いません。何事もなかったかのように体をそっと反らし、施術を継続されます。

そうやって、心地よい雰囲気を変えることなく、施術を続けるAさんこそ、プロなのだと感心をしてしまいます。先ほども言いましたが、Aさんの施術は独特な空気感のなかで進行されます。これがAさんの特徴なのかもしれません。冷たさの中に、エロがバランスよく交っていて、他で味わえない体験をすることができました。満足で★★★★★です(5点中)

-上野・御徒町, ライター, Ohkawa, 体験レポート, 店舗型メンズエステ
-,

Copyright© 生殺し体験アンテナ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.